この記事をシェアする

独立開業のためのテキストは

事前に知ってこくべき知識と手続きは

不用品回収業者を開業するためには業種が業種だけに事前に踏まなければいけない手続きが多く、その辺が比較的面倒なところですね。
まず自治体から認可証がもらえないと、一向に話は進みません、無許可で勝手に営業という手もありますが、違法行為な上に、信用もとりにくく、最悪の場合摘発の対象にもなりかねません。
これは絶対に避けなければいけないので、ここはしっかり認可証をもらいましょう。
そして次に国に営業許可の申請を出して許可をもらわなくてはいけません。
これは時間もかかりますし、書類の提出も多いので手順の中ではもっとも厄介な部分ですね。
しかしこれをクリアしないと安心して開業できないので、ここは粘り強く当たりましょう。

独立開業に使える手引書とは

さて独立開業をする際に不用品回収業用の手引書といったものはあるのでしょうか。
調べてみると不用品回収に特化した手引書というのはどうやら存在しないようです。
しかし、基本的な法律手続きや必要なノウハウを記載した独立のための手引書は出ていますのでそちらは十分参考になるかと思います。
また認可の伴う業種ですので、これに関してはやはり自治体を頼るのが一番良いと思います。
自治体は専門の窓口がありますから、業務内容に関しては知識を持っているはずですので、粘り強く質問事項をまとめて学習すると良いと思います。
そこを踏まえながら、役所でしっかりと知識を吸収して、認可証を勝ち取り、開業を目指すのが一番の近道かと思います。